【操作画面画像について】マニュアル掲載時から〈機能拡張・追加〉に伴い操作画面を刷新している場合がございます。ご了承ください
【参考】CSVファイルを 表計算ソフト で編集する方法 / Excel
本記事でご案内する 表計算ソフトは Excel / エクセル の操作画面を参照しています。

 

イーベ!の申込者一覧からダウンロードしたCSVファイルをExcelで開くと、
郵便番号や電話番号などの先頭の「0」が消えてしまう現象「0落ち」の対処方法です。


先頭の「0」が消えてしまう現象は、ExcelがCSVのデータを開く際に、セルの表示形式を「標準」にしてしまうことで起こります。
「標準」にすると、入力した値を基にExcelが「数値」に置き換えてしまい、先頭の「0」が省かれてしまいます。

以下の回避方法をお試しください。
 

Excel Office365の場合(Mac版)



1.Excelを開き、「データ」メニュー内の「外部データの取り込み」から「テキストファイル」をクリックする。

Excel0_date1.png


Excel0_02.png



2.開きたいCSVファイルを選択、「データ取り出し」をクリックする。

Excel0_import.png



3.テキストファイルウィザードが表示されるので、「区切り記号付き」を選択して「次へ」をクリックする。

Excel0_wizard.png



4.フィールドの区切り文字を「カンマ」に指定し、「次へ」をクリックする。

Excel0_wizard2.png



5.「選択したデータのプレビュー」から、先頭の「0」を消したくない項目列を選び、
  「列のデータ形式」で「文字列」を選択のうえ、「完了」をクリックする。


Excel0_wizard3.png



6.取り込んだデータを配置する場所を指定し、「OK」をクリックする。

Excel0_import2.png



7.先頭の「0」が表示されました。


Excel0_0.png






 

\イーべ!30日間無料キャンペーン中/
全機能を30日間無料でお使いいただけます(プレミアムプランと同等)

イベントやセミナー主催者のための便利ツール「イーベ!」
https://www.event-form.jp/about/

2021.06.24